REPORT

アニメーションワークショップ@SmallArtSchool

長年お世話になっていて、シェムリアップにあるSmallArtSchoolでアニメーションワークショップを行いました。 SmallArtSchoolとは、公式に提携団体になっていく予定です!(一応、口頭では参加にお互い入り合うと話しております。) 今回は初めての試みで、小学生の子供たちををターゲットに授業を行いました。 一応、通訳・アーティストのヒアさんや先生でもあるアーティストのクンティアさんなどの、大人組も何人か参加してくださり、グループになって制作と行いました。 アニメーションの仕組みを理解できるか心配していましたが、授業の最後にはみんな「簡単だった!」と言って貰えるほど積極的に参加してもらえました! そして、こちらが子どもたちのアニメーション作品です!!実は13:00にワークショップをスタートして、16:00には完成していました!子どもたちの集中力、そして手の速さには驚かされました。 今回参加した先生たちを中心に、また我々抜きでアニメーションワークショップを行ってくれるということです!なんかすごい作品をできることを期待してしまいます! それとともに今回はまだ映像としてまとめていませんが、アンコールクラウ村というアンコールワットの奥にあるローカルな村で子供たちにインタビューも行いました。 こちらの映像は、今年の11月日本の銀座で行われるSmallArtSchoolの10周年パーティーで上映予定です!   その他ほかの写真はこちら!! https://goo.gl/photos/CPeJkMgbnGVffkY47

MEDIA

ラジオ番組『ON THE PLANET』に電話出演

1/25深夜に放送したFMラジオ番組に代表・中村が電話出演しました。中村の昔からの友人である局地建築家・村上祐資さんがパーソナリティーを務める『ON THE PLANET』。今回のテーマは『キャベツ』。 元・青年海外協力隊でカンボジア・スバイリエンで農協支援もしていた、SocialCompassのメンバーの青木有紀子の事前情報のおかげで(笑)、カンボジアの野菜事情について話すことができました。 https://park.gsj.mobi/news/show/31050

REPORT

カンボジアのレコーディング事情

カンボジアって録音できるスタジオがあるの?という方も多いと思いますが、実はあるんです。 スタジオはカンボジア人経営のローカルスタジオから、外国人が経営するスタジオまで様々ですが、相場は1時間あたり15〜20ドルとリーズナブル。老舗のスタジオでは、曲の録音から吹き替え、映画の製作までこなすマルチなスタジオもあります。ということで、今回クライアントさん(NGO)の依頼でアニメーションを製作するにあたり、プノンペンの中心地(St.63)にある老舗スタジオにて声の録音をしてきました!     スタジオの名前は「TAN TAN」。カンボジアの音楽業界では有名な老舗スタジオです!   今回はアニメーションに出てくるキャラクターの声の収録。カンボジアでは声優という職業があまり認知されておらず、プロの声優をされている方はほんのわずかで、名前もほとんど知られていません。なので、今回声優として登場したのはクライアントさんのスタッフ(笑)。しかも、人数はキャラクター11人に対してたったの4人。一人2〜3役をこなすという超ハイレベルな収録となりました。 「キャラクターによって声を変えてください」という注文をするも、なかなか叶わず。そんな中、アクシデントが発生。。なんと、スタジオのPCが故障(笑) システムエンジニアと名乗るおじさんが登場し、PCを分解しながら修理が始まり、収録はストップ。かれこれ1時間ほどPCが直るのを待ち収録を再開するも、やはり画面がいきなりシャットダウン!この後再び修理をし、最終的には代わりのPCを用意して収録を再開。なんとかすべてのセリフを収録することができました。 日本ではあまり起こらない事件かと思いますが、これもカンボジアということで、いろいろと勉強になった収録でした。 今回のアニメーションは2017年2月頃完成予定です!ぜひお楽しみに。      

REPORT

JICA主催栄養学セミナー・ツアーへの参加

日本から『栄養』をテーマにツアーで来られた方々と交流させて頂きました。  そして、『栄養』セミナーでプレゼンテーションさせて頂き、いつも通りワッティーについての説明とともに、昔企画した『五大栄養素』のキャラクターについても発表させて頂きました。 カンボジアの『食育』はまだまだ進んでいるとは言えません。今回学んだことを踏まえ、将来、何か教材や啓発ムービーなどSocialCompassとして作っていけたらと思っています!   今回のプレゼンで、急遽発表させて頂いた栄養素をテーマのキャラクターコンテンツ『ビビットサプリ』です。 日本在住時代に、『食育』をテーマにスマトーフォンアプリやアニメーションの展開ができないかと考えていたキャラクター達です。  

REPORT

国連開発計画(UNDP)でプレゼンテーション

代表・中村英誉が国連開発計画(UNDP)の『Sustainable Enterprises for Cambodia’s green future』というシンポジウムで登壇させて頂き、SocialCompassについてプレゼンテーションさせて頂きました。 慣れない英語でのプレゼンテーションでしたが、ワッティーの映像やアニメーションなどを使い、なんとか我々の活動を伝えられたと思います。 シンポジウムのテーマは『環境と持続可能な企業』をテーマに、様々なカンボジア企業やNGOが参加し、発表を行いました。 特に同じ日系にはAEONカンボジアやPPSEZ(プノンペン経済特区)の社長などが講演をされており、とても光栄な壇上に立たせて頂いたのだと感じます。 我々、SocialCompassとしては、EcoCityProject、ワッティーの環境ビデオ、そしてAsiAnimationに参加した学生の作ったアニメーション『ゴミに関しての物語』の説明と上映をさせて頂きました。 SocialCompassとして、より環境問題にコミットして作品作り、啓発活動をしていけたらと思います。 改めて、このようなプレゼンテーションの機会を頂き、とても感謝です!

REPORT

AsiAnimation作品・仙台国際アニメーショングランプリに応募!

AsiAnimationに参加した学生チームのアニメーション作品「ゴミについての物語」 を仙台国際アニメーショングランプリにSocialCompassがサポートして応募しました! グランプリ事務局の方も、カンボジアからの出品を驚いてくれていました。 カンボジアの学生たちの作品が受賞できたら嬉しいですね!